昨今のソープランド業界では、働いている女性の高齢化が進んでいると言われています。
高齢化の進む日本ですからソープ嬢の高齢化も当然のことで、西日本最大規模と評される福原ソープ街でもそれは確かです。
高齢化というと耳障りが悪いですが、言い方を変えれば大人の女性と出会いやすくなったということ。
若い女性と遊びたいという方には悲しい事実かもしれませんが、逆に大人の女性と遊びたいという方からすれば嬉しい現実というわけです。

今の福原は人妻や熟女が熱い!

元々福原ソープは若い女性が多く働いていると評判のソープ街で、1980年代~90年代の福原ソープは20代の女性が中心に働くお店が多かったと言われています。
もちろん30代とか40代の女性が皆無だったとは言いませんが、今のように専門店がいくつもあるというわけではありませんし、そもそも当時は年齢を重ねると利用客の年齢層が高い雄琴へと移る方も多かったようで、それも1つの要因と言われています。

そんな昔の福原と違って現代の福原では、20代の女性と30代以降の女性の割合は同じか30代以降の方が多いという状況です。
人妻や熟女が活躍する専門店も昔よりも数が増え、今なお増え続けています。
これは、福原で長く働き続けている女性がそのまま若いお店から人妻・熟女専門店へと移っていくことや、若い間は他業種で働いていた風俗嬢が年齢を重ねてソープ嬢へと転身し、福原のソープランドで働くといったことでその数をどんどん増やしているという事情があります。
そのため、今の福原は人妻や熟女と出会うのが簡単で、色々な人妻・熟女から自分好みのスタイル・容姿、色気を持った女性を選びやすくなっているのです。

極上の人妻・熟女の濃密プレイを楽しもう

福原で出会える人妻・熟女は、ただ年齢を重ねているだけではなく経験豊富でテクニックに優れた方が多いです。
福原で長く色々なお店を渡り歩いたベテラン、他業種で活躍していた方など色々ですが、どちらも風俗嬢として男性を喜ばせる技術を磨いてきた方ですから、そのプレイは若いだけでは真似できないものもあります。
年齢を重ねたことで肌のハリや新鮮味などは失われているかもしれませんが、それらを補う濃密なプレイはしっかり楽しませてくれることでしょう。

また、人妻・熟女専門店は料金が安く設定されているのが一般的で、福原の人妻・熟女専門店も結構安くなっています。
60分でも2万円以下で遊べたりしますので少ない予算で遊ぶことが出来ますし、それでいてプレイは満足出来る質とくれば、コスパの良さは最高と言っても過言ではないでしょう。
評判の良いお店も多いので、満足したいなら選択肢に入れる価値は十分に有ります。

ハズレ扱いされることも多い年齢を重ねた女性も、決して悪いことばかりではありません。
そういった良くないイメージを持っている方でも福原の人妻・熟女を味わえばイメージが変わること請け合いですので、機会があればぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

昨今ソープランドを利用する男性は減少しつつあると言われていますが、その理由には色々なものがあります。
特に若い男性に多いのが「初対面の女性の前で裸になるのが恥ずかしい」というものがあって、要はペニスを見られるのが恥ずかしいという理由です。
こうして考えてしまう最大の理由はサイズの問題で、サイズに自信が無いから恥ずかしいと思ってしまうということのようです。
そこで、今回はソープ嬢に嫌がられないペニスのサイズについて取り上げてみます。

日本人男性の標準的ペニスサイズ

ペニスのサイズに関しての認識は男女で実はかなりの差があって、男性のほとんどは「ペニスが小さいのは恥」と考えているのではないでしょうか。
ちなみに日本人の平均サイズは、某有名オナホメーカーさんの調べによると、長さ13.56cm、太さは直径3.19cmで、これより大きければ大きいほど男として優れているとか、少しでも小さいと途端に男性としての器ですらも負けると考えている方も多いのですが、当然そんなことはありません。
ソープランドへ遊びに来る男性の中には、この標準よりはるかに17~20cm、直径5~6cmみたいな方もいるようですが、それがソープ嬢に好かれるかというと、実は真逆なのです。

ソープ嬢が嫌わないペニスサイズは?

では、ソープ嬢が好むペニスサイズはどれぐらいなのかというと、そのサイズは「やや小さめ~標準ぐらい」のサイズ。
長さは9~13.5cm、太さは2.7~3.2cmといったところで、少し小さいぐらいの男性は笑われるどころか、むしろ大歓迎というぐらいのものなのです。
逆に、大きすぎる場合は好かれて喜ばれるどころか、出禁になる可能性もあったりします。

何で大きいサイズは嫌がられるのか

男性の認識とは真逆のこのソープ嬢の好みですが、どうしてこうなるのかというと、単純に体への負担の問題です。
ソープ嬢は、男性を気持ち良くするのに様々なプレイをしますが、例えばフェラチオをする場合は大きすぎると顎への負担が非常に大きくなってしまいます。
1日に何人もの相手をするソープ嬢ですから、そんなサイズのものばかり相手をしていたら体がもちません。
素股などでも全体を擦り上げようとすれば動く距離が大きくなりますから、余計に疲れてしまうことでしょう。
だからこそ、大きいサイズは相手にしたくないというわけです。

このような理由から、ペニスのサイズが平均より多少小さかったとしても、ソープ遊びをするなら何ら恥ずかしがることはありませんし、むしろ自信を持って問題ありません。
過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もありますから、多少のサイズ不足など気にせず堂々と遊びましょう。