Archives

All posts for the month 10月, 2021

ソープ遊びの醍醐味と言えば、ソープ嬢のプロの技で色々と気持ち良くしてもらうことですが、男性の中にはソープ嬢を責めて感じさせたいという方も多いのではないでしょうか。
女性が感じて喘いでいる声を聞いたり姿を見るのは、男性の征服欲を満たすのか気分が良いと感じる方も多いようです。
しかし、これはソープ嬢からすればどう思っているのでしょうか。
今回は、ソープ嬢を責めることについてを取り上げてみましょう。

◆ 口には出さないソープ嬢の本音

仕事柄、自身が責めることが基本となるソープ嬢にとって、男性側から責められることはどう思っているのでしょうか。
これには人それぞれというのはありますが、多くのソープ嬢の本音としては男性からの責めには否定的な意見を持つ方が多いようです。
その理由は様々ですが、「プレイに集中出来ない」とか「責め方が下手で演技するのが面倒」とか「痛いだけ」といった、男性にとっては耳が痛い意見もよく見かけます。

ソープランドへ来る男性というのは、遊び慣れている男性でも実はそれほどテクニックが無かったりすることも多く、責められても気持ち良くなれることは滅多に無いとのこと。
女性慣れしていない男性は論外、いくらソープ嬢と遊んでいてもソープ嬢は感じていなくても感じた演技をしていたりしますし、そのせいかソープ遊びの玄人などと自称している男性であっても、力加減が下手で痛いだけだったりすることも珍しくないということのようです。

◆ ソープ嬢を感じさせたいなら素直に教えてもらうのが吉

男性が責めることには否定的なことが多いソープ嬢ですが、どうしてもせめて感じさせたいというのであれば、どこをどうすれば感じるのかを素直に教えてもらいながらやるのが良いでしょう。
男性が感じると思い込んでいる女性のポイントと女性が本当に感じるポイントというのは意外とズレているものですし、個人差もかなり大きかったりもしますから勝手な思い込みで責めていれば嫌がられるのも当然です。

例えば、「女性の感じるポイントを教えてもらうプレイ」だとすれば十分対応してくれるでしょうし、下手だったとしても大目に見てもらえます。
さらには女性を責めるテクニックの向上も狙えるとあれば、自分勝手に責めるより断然マシというものです。
ただ単に根拠の無い自信に裏打ちされた独りよがりのテクニック披露がしたいのであれば、絶対にやらない方が良いでしょう。

自分のテクニックでエッチにおいては百戦錬磨のソープ嬢を感じさせたいというのが男性の一つの願望として存在するのはわかりますが、ソープ嬢も同じ人間であることは忘れてはいけません。
相手のことを考えて、責めるならしっかりと気持ち良くなってもらうための歩み寄りをすることが重要なのではないでしょうか。