ソープランド解説

世の中には、女性に好かれる男性と女性に嫌われる男性の2種類がいます。
これは日常生活においてもそうなのですが、ソープランドで遊ぶ男性にも同様のことが言えます。
男性であればソープランドでも女性に好かれる男になりたいと思うでしょうが、それには嫌われる要因を知っておかなければいけません。
ソープランドで嫌われる要素は色々とあるものですが、その中でも特に嫌われる2つの要素を取り上げてみます。

◆ ソープ嬢が嫌う男性の2大特徴

・清潔感が無い

まず最初に挙げられるのは清潔感が無い男性で、これはソープ嬢に嫌いな男性アンケートを採れば間違いなく1位になるものです。
ネット上を漁ればこれに関する解説は非常に多く見つけられるので悩むことはまず無いでしょうが、簡単に言えば「身だしなみが出来ていない」ということです。
頭髪、無精髭、歯磨き、爪の手入れ、ムダ毛処理、服装、小物など、細かい部分まで綺麗に整えられていないと、不潔であると思われてしまうわけです。
仕事とはいえ肌を合わせるのですから、不潔な男性の相手は絶対に嫌というソープ嬢は決して少なくないわけです。

・ケチ

もう一つ嫌われる大きな要素として、ケチな男というのも存在します。
ケチというのは「金銭や品物を惜しんで出さないこと」と辞書にある通り、ソープランドでも同様のことが言えます。

具体的に言えば指名料を払い渋るというのが代表的で、同じ女性に裏を返すのに空いている時間を狙ってわざとフリーで入って、偶然を装ってある程度意図的に指名料を払わずに同じ女性と遊ぼうと目論むというのがよくある例でしょうか。
お店が用意している割引を利用するのがケチと考える方もいるのですが、実際の所これぐらいは別に気にしないソープ嬢は多いです。
しかし、指名料はソープ嬢にとってのボーナスで全額ソープ嬢の取り分ということが多いですから、その支払いを避けようというのはソープ嬢からすれば不愉快な行為なのは当然のことでしょう。

また、短時間コースで何回戦もやろうとするのもケチと見做されることが多いです。
通常60分コース以下は1回戦、90分で2回戦、それ以上で回数無制限というのが暗黙のルールとされています。
それを知ってか知らずかは問わず、余裕を持たずガツガツと遊ぼうとするのはケチで浅ましいみっともない遊び方ということで、ケチだと思われるのです。

今回、二大嫌われる要素のうちケチの方に焦点を当ててみました。
お金が欲しいソープ嬢にとってケチな客というのは忌み嫌うレベルで嫌いという方もいますし、いずれにせよ良い印象は与えられません。
ソープ嬢から好かれたいなら、余裕というものを意識して遊ぶことが肝要ではないでしょうか。

商売は、消費者の購買意欲を刺激しなければ商品が売れず、商売が成り立つことはありません。
これは風俗業界でも同じことが言えて、ソープランドでもホームページなどには男性の心をくすぐる煽り文が色々とあって、それを見てお店へ行きたくなった方は多いのではないでしょうか。
しかし、気になるのは「これらの文が本当に信用出来るのか?」ということですが、今回はこの煽り文についてを取り上げてみます。

煽り文の信憑性はそれほど高くはない

非常に興味をそそられることの多い煽り文ですが、お店の紹介だったりキャストのプロフィールだったりと様々な場所に存在しています。
これらが無いと物足りないですし、ただ写真やプロフィールを見させられても大して興味を引くことはありませんが、ここに煽り文があったりするとグッと興味を惹きつけられます。
では、本当にこれらの文章の通り期待していいのかというと、あまりアテにはならないと言えるでしょう。
どうしてアテにならないのかというと、「売るために過剰に美化して文章を書くから」です。

キャストの紹介文などは、入店の際に書くシートに書かれたことを基として、スタッフが頑張って文章を書きます。
その際、少しでも興味を引くために様々な強いワードを盛り込んでいくのですが、そうなると当然徐々に現実とかけ離れたイメージになってしまいます。
例えば「数字以上のゴージャスボディ」なんて言葉があれば多くの方はボン・キュッ・ボンのスタイルを想像してしまいますが、実際に行けば全部数字以上のぽっちゃりボディのおもてなしです。
確かに嘘は言っていないのですが、文章からのイメージと現実の乖離は大きいわけですから、あまり信憑性は高くないというわけです。

参考にするなら店のランクを考慮する

では、こうした煽り文は全て信用出来ないのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。
そのお店のランクなども考慮する必要があり、基本的に高級店などであれば本当に紹介文みたいなキャストに出会いやすいため、信憑性は高くなります。
逆に格安店などであればキャストの質は低下するわけですから、煽り文との差は大きくなりますので信憑性が低いです。

また、高級店と低価格店の煽り文を見ていると、低価格店の方が派手な言葉を使いやすい傾向が見られます。
「モデル級」とか「S級美女」とか「超濃厚サービス」みたいな具体性の無いなんとなく凄そう的な文言が多いので、その辺りも信憑性を推し量る要素と言えるでしょう。

魅力的な煽り文が多いソープランドですから、キャスト紹介なども信憑性云々よりもただ読んでいるだけでも結構面白かったりします。
キャスト選ぶの参考には話半分程度に留めておいて、色々なお店の文章を読んでみるのもおすすめです。