Archives

All posts by admin

江戸や明治時代の遊郭を発祥として、現在も各地に存在し続けるソープ街。
数多くのソープランドが営業をしているソープ街ですが、全てのソープ街が同じような物ではありません。
地域によって特色があって、それぞれ違う顔を持っているのです。
今回は、そんな各地のソープ街の特徴をいくつか見ていきましょう。

◆ 日本各地のソープ街の特色

・東京 吉原ソープ街

まず、日本最大のソープ街と言われる東京の吉原。
ここは、昔から高級ソープ街として知られていて、格安店など手頃価格で遊べるソープランドが主流になった現在でも数多くの高級ソープが存在しています。
その数は、総数が約130に対して高級店の数は約50と非常に大きな割合を占めています。
高級店だけで他の地域のソープ街全体の数ぐらいあるので、高級ソープに触れたい方には選択肢も豊富で最適となっています。

・神奈川 堀之内&南町ソープ街

昨今再開発が進み、急激にその姿を変えている川崎には、堀之内と南町という2つのソープ街があります。
ここのソープ街の特徴は、2輪車コースが遊べるお店が多いということです。
約70軒のソープランドがある中で半数近いお店に2輪車コースがあります。
他のソープ街では数件しか無かったりしますので、その割合は圧倒的となっていて、これは吉原以上です。
格安店から高級店まで予算に合わせて選べるので、2輪車がしたいなら川崎まで足を伸ばすのが得策です。

・兵庫 福原ソープ街

関西地方では最大のソープ街で、オーソドックス系が多いもののコスプレやイメクラ系のお店が多いのが特徴です。
学園、秘書、メイド、女医ナース、和風、SMなどそのジャンルは多岐に渡っています。
こういうフェチ系のソープランドは好みが分かれて高い評価を得にくいものですが、福原ではどのジャンルでも1つは高評価のお店があるので、その質については素晴らしいものであると言えるでしょう。
特殊プレイに興味があるなら、福原は良い選択肢となるのではないでしょうか。

・北海道 すすきのソープ街

日本最北端のソープ街として知られ、北海道唯一の有名ソープ街です。
その特徴としては、低価格かつハイレベルながらも幅広いジャンルを抑えているところでしょうか。
スタンダードだけでなくフェチ系なども揃っていて、それでいて相場は他のソープ街よりも多少安めとなっていますので、コスパの良い遊びを楽しむことが出来ます。
また、北海道のソープランドの大半が集まっていることから、キャストも様々で色々なタイプの女性がいることも特徴です。

今回は比較的有名所のソープ街を取り上げてみましたが、他にも様々なソープ街があってそれぞれに特徴があります。
どうしてもやりたいプレイがあるなどの目的がある方は、それに合った特徴のソープ街まで足を伸ばせば、最高の体験が出来るかもしれません。

福原ソープ街には、約60軒という非常にたくさんのソープランドが営業しています。
ソープランドの定番となっているのがスタンダードソープと呼ばれるもので、福原でもこのスタンダードソープが最も多くなっています。
福原のスタンダードソープも良い店が多くて評判が良いのですが、実は福原はスタンダードソープではなくコスプレとかイメージプレイ系のソープにも質が良いお店が多いのです。
ソープ好きの間では密かに話題になっていて、普通のソープに飽きた方におすすめとなっています。

◆ 様々なコスプレ系ソープが建ち並ぶ福原ソープ街

福原にあるコスプレ系ソープは10軒ほどあって、その種類も多岐に渡っています。
一番多いのは学園系で、全部で4店舗+1店舗となっており、専門店が4つもあるという力の入り具合です。
さらに専門店ではないにしろ学園系コースがあるお店が1店舗ということで、福原で最も人気があるジャンルと言えるでしょう。
しかも、ただコスプレやイメクラが楽しめるだけではなく、サービスが濃厚なお店があるのも特徴で、普通のソーププレイを求めて遊びに行くというのでも十分楽しめます。
そのお店ならではの遊び方があるので、この手のフェチ系ソープは初めてという方にもとてもおすすめです。

秘書系ソープというのも人気があるジャンルで、ビジネススーツを着た女性と遊べるというものです。
このジャンルは2店舗あって、『社長秘書』と『秘書と社長』という非常に似ている名前です。
ただのコスプレだけではなく、イメージプレイにもしっかり力を入れているのが特徴で、体験談や口コミなどを見ていると、「プレイルームに大きな社長室にあるようなデスクと革張りの椅子があって、そこで色々とプレイをした」などという話を多数見ることが出来ます。
在籍しているキャストも女性用スーツが似合う女性ばかりで統一されているため、基本ハズレ無しと評判です。

秘書系に並んで2店舗あるのが、メイド系ソープ。
秋葉原でメイド喫茶というものが登場し大人気となってから福原にも登場したジャンルで、現在では『M-Dolls』と『セントエミリオン』の2店舗となっています。
どちらもメイドではありますが、明確にコンセプトが分けられているので絶妙にバッティングしないのです。
『M-Dolls』は「奉仕と癒やし」、『セントエミリオン』はアキバ系ということでメイド喫茶のようなイメージです。
同じメイドでも特色があるのも、非常に面白いのではないでしょうか。

他にも1店舗だけですが多数のコスプレとかフェチ系のソープランドが、福原にはあります。
普通のソープに飽きたという方は、ぜひ福原のコスプレ系ソープの全店制覇してみてはいかがでしょうか。