人間の時間感覚は一定ではなく、年齢を重ねるに従って時間が過ぎるのは早く感じてしまいます。
この現象はジャネーの法則と言って、この法則に当てはめると20歳で既に人生の70%を終えており、それらから逆算すると人生で最も充実する時期というのが学生時代と言われているようです。
どんな学生時代を過ごしたかは人それぞれですが、福原のソープランドであればそんな学生時代で起きたかもしれないエッチな体験を追体験することが出来るかもしれません。

◆ 福原にある3つの学園系コスプレソープ

ソープランドで学生時代を追体験出来るお店といえば学園系のコスプレソープで、「制服姿の女の子とイチャイチャとエッチなことが出来る」というのがコンセプトで、福原でも人気ジャンルです。
現在福原には3つの学園系コスプレソープがあって、どのお店も高い評価を得ています。

1つ目が『ていくぷらいど.学園』で、福原で最も古い学園系ソープです。
人気の高さはピカイチで、キャストの質やサービスの良さ、価格とのバランスなども良く、特定の曜日には普段とは違った衣装で楽しめるとか各種オプションがあるといった特徴があります。
長く営業が続くのも納得の質ですから、初めてコスプレ系ソープに行くという方にもおすすめなお店です。

2つ目は『エピローグ学園』で、2番目に古いお店です。
値段は他の2つよりもほんの少しだけ高いですが、着エロを楽しめるのが特徴となっています。
衣装は、体操服、制服、スク水などがあり、一部はオプションとちょっと予算が高めになってしまいますが、多少の差は気にならない遊びが可能です。

3つ目は『聖スムーチ女学園』で、最も新しい学園系コスプレソープです。
一番新しいということで他の2つとは違う部分もあって、唯一3Pコースが用意されていたりします。
他の2つの良い所を採り入れたりもしていて、様々なオプションの他女の子独自のオプションなんかもあるようで、遊び方も豊富です。

◆ 専門じゃないけど学園プレイができちゃうお店もある

学園系コスプレソープとして営業しているのは上記の3つのお店ですが、実は福原には1軒ですが専門というかコースの一つとして学園系プレイを楽しめるお店があります。
それが『神戸R&B』というお店で、元々はソフトSMをコンセプトにした福原随一のフェチ系ソープです。
そこでイベントとして期間限定でたまにやっていた遊び方を、正式にコースの一つとして常設させたというわけです。
前述の3店舗と違って完全な専門店ではないため、人によっては内装や雰囲気などに物足りなさを感じるかもしれませんが、サービスについては評判も良いようですので実際に遊べば十分満足出来るのではないでしょうか。

コスプレ系ソープが多いと言われている福原ソープは、そのレベルも高くこれらのお店も値段以上にしっかり楽しめること間違いなしです。
学園というコンセプトであるために若い女性が多いのも事実ですので、学園にこだわりがなくただ若い女性と遊びたい方にもおすすめなので、ぜひ一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

ソープ遊びの醍醐味と言えば、ソープ嬢のプロの技で色々と気持ち良くしてもらうことですが、男性の中にはソープ嬢を責めて感じさせたいという方も多いのではないでしょうか。
女性が感じて喘いでいる声を聞いたり姿を見るのは、男性の征服欲を満たすのか気分が良いと感じる方も多いようです。
しかし、これはソープ嬢からすればどう思っているのでしょうか。
今回は、ソープ嬢を責めることについてを取り上げてみましょう。

◆ 口には出さないソープ嬢の本音

仕事柄、自身が責めることが基本となるソープ嬢にとって、男性側から責められることはどう思っているのでしょうか。
これには人それぞれというのはありますが、多くのソープ嬢の本音としては男性からの責めには否定的な意見を持つ方が多いようです。
その理由は様々ですが、「プレイに集中出来ない」とか「責め方が下手で演技するのが面倒」とか「痛いだけ」といった、男性にとっては耳が痛い意見もよく見かけます。

ソープランドへ来る男性というのは、遊び慣れている男性でも実はそれほどテクニックが無かったりすることも多く、責められても気持ち良くなれることは滅多に無いとのこと。
女性慣れしていない男性は論外、いくらソープ嬢と遊んでいてもソープ嬢は感じていなくても感じた演技をしていたりしますし、そのせいかソープ遊びの玄人などと自称している男性であっても、力加減が下手で痛いだけだったりすることも珍しくないということのようです。

◆ ソープ嬢を感じさせたいなら素直に教えてもらうのが吉

男性が責めることには否定的なことが多いソープ嬢ですが、どうしてもせめて感じさせたいというのであれば、どこをどうすれば感じるのかを素直に教えてもらいながらやるのが良いでしょう。
男性が感じると思い込んでいる女性のポイントと女性が本当に感じるポイントというのは意外とズレているものですし、個人差もかなり大きかったりもしますから勝手な思い込みで責めていれば嫌がられるのも当然です。

例えば、「女性の感じるポイントを教えてもらうプレイ」だとすれば十分対応してくれるでしょうし、下手だったとしても大目に見てもらえます。
さらには女性を責めるテクニックの向上も狙えるとあれば、自分勝手に責めるより断然マシというものです。
ただ単に根拠の無い自信に裏打ちされた独りよがりのテクニック披露がしたいのであれば、絶対にやらない方が良いでしょう。

自分のテクニックでエッチにおいては百戦錬磨のソープ嬢を感じさせたいというのが男性の一つの願望として存在するのはわかりますが、ソープ嬢も同じ人間であることは忘れてはいけません。
相手のことを考えて、責めるならしっかりと気持ち良くなってもらうための歩み寄りをすることが重要なのではないでしょうか。