ソープランドは、大きく分けて個人店とグループ系列店の2種類があります。
簡単に言えば個人が1店舗だけ経営しているなら個人店、風俗グループが複数店経営しているのがグループ系列店という認識で良いでしょうか。
利用する側からすれば「どちらでもいいじゃん」なんて思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
ネットの普及で情報交換が活発になる昨今、かなり大きく影響していると言われているのです。

系列店は安定を求める傾向に

ネットでの情報交換が活発になった最も大きな影響というのは、「系列店が安定してきている」ということでしょう。
そもそも系列店のメリットには看板の信用とノウハウの蓄積によるサービスの良化などがありますが、逆にデメリットとして悪評が立つとグループ店全体に及ぶというものがあります。
このデメリット部分こそネットの普及による情報交換の活発化や情報の伝達速度の加速化によって、大きく変化した部分なのです。

昔は情報の広まりはかなり遅く狭く、悪評が立ったとしても精々その友人知人の数人ぐらいまでで、しかも情報の広まるスピードも普通は月単位ですからほぼ広まることはありませんでした。
しかし、現在では遊び終わった1時間後にはネット上に情報発信がされて、それを見る方も数人どころか数十数百人となります。
さらにそこから情報が拡散されればその悪評が広まるのに数日もかかりません。
そうなれば系列店の評判への影響もすぐに出てきてしまいますから、系列店では安定したサービスの提供に腐心する傾向になっています。

利用者としては系列店を利用するのが安牌に

このような傾向がある昨今、ソープランドを利用する選択肢にも影響を与えていて、「安牌を選ぶならグループ系列店」というのが常識になりつつあります。
昔のような殿様商売や理不尽な対応をされることは無くなりつつあり、店側も無用のトラブルを減らしたいことから、トラブルの数自体が減ってきているようです。
もしトラブルが発生してもクレームを入れるとちゃんと対応してくれるようになっていますから、万が一の場合にもある程度安心出来るでしょう。

反面、安定しているということは変わったサービスなどが減ってきているということでもあり、面白みが減ったと感じる方もいるようです。
しかしながら、「どこのソープランドを選んで良いのかわからない」という初心者の方にはおすすめしやすいとも言えます。

ネットの普及は様々な方面に多大な影響を与えていますが、それによって系列店のソープランドは良くなったのは間違いありません。
個人店でも本気で経営している所はネット上の評判をかなり重視していたりしますから、そういったお店を選べば個人店でも良い遊びにつながります。
ソープ遊びの情報収集にネットはもはや欠かせないので、ぜひ有効活用してみましょう。

現在のソープランド業界では、風営法などの各種法律によって建物を新しくしたり、大幅な改築をすることが出来ません。
これは福原ソープでも同様で、現在営業している店舗は昔建てられた建物に入れ替わりで入って営業しているのです。
そうなると当然起こるのが入れ替わり頻度の違いで、何度も入れ替わるお店もあればその入れ替わり回数が非常に少ない店もあります。
今回は、福原で入れ替わりの多い店について取り上げてみましょう。

福原ソープ街入れ替わりの多い店トップ3

3位:『アクアマリン』『アロー』『ぽちゃぽちゃイケてる』 9回

3店舗が同数でランクイン。
9回の入れ替わりを経て現在のお店が営業をしているわけですが、意外なのは『ぽちゃぽちゃイケてる』以外の2つはメインストリートである桜筋沿いのお店で、立地的には悪く無いこと。
建物のサイズや場所による賃料の関係もあるのでしょうが、ちょっと興味深いです。

2位:『セント・エミリオン』 12回

2位に入ったのは、『セント・エミリオン』の建物で12回の入れ替わり。
桜筋から1本横道に入った場所ということで、お世辞にも立地が良いとは言い難いことや建物も脇道の店舗ということで小さめになっているため、定着しづらいのかもしれません。
しかしながら、現在の『セント・エミリオン』についてはメイド系ソープとして人気があるようですので、しばらく入れ替わりは無いと思って良いかもしれません。

1位:『ごほうびSPA極』 13回

福原で最も入れ替わり回数の多いのが、『ごほうびSPA極』の入っている建物で、13回となっています。
こちらも柳筋から1本横道に入った所にあるお店となっているのですが、福原の中心に向かう横道の『セント・エミリオン』とは違って福原の外に向かう横道なので、余計に不利と言えるのかもしれません。
それに加え近所のお店よりも建物のサイズ的にも小さい箱になっているため、同様かそれ以上に定着しにくさがあるのでしょう。
どうやっても厳しい立地ですが、特殊なコンセプトのお店なのでぜひ頑張ってもらいたい所です。

平均入れ替わり回数は4.85回

福原ソープ街には、2023年7月中旬の時点で60軒のソープランドが有り、その入れ替わり回数はおよそ291回、平均はおよそ4.85回となっています。
全ての建物が同時に建設されたわけではないのである程度誤差はありますし、情報が残りにくい時代ということもあってこの数字はあくまでも目安の数字です。
しかし、これだけ入れ替わりが多いということはそれだけの歴史が積み上がっているということですから、必ずしも悪いことではないと言えるでしょう。

ソープランドの入れ替わりは毎年起こることですから、これからもこの数は増えて行くことでしょう。
興味がある方はより詳細に調べてみるのも良いですし、福原で遊ぶ際の話のネタにしてみるのも面白いのではないでしょうか。