ソープランドは全国各地にありますが、もっとも有名なのは東京の吉原です。
江戸時代の吉原遊郭を源流としています。
そのほかに有名なのは川崎の堀之内や、岐阜県の金津園、滋賀県の雄琴、神戸の福原などが有名です。
そのほかに全国各地の温泉街にもソープランドがありますが、数店舗であまり繁盛しているとは言えません。
またソープランドの料金は入浴料とサービス料に分かれています。
これは日本では管理売春が禁止されているからですが、総額表示している地域もたくさんあります。
そんなソープランドですが、ランクとしては高級店、中級店、大衆店に分けられます。
吉原などの関東の高級店は一般的に、時間は120分からで料金は5~60000円です。
これ以下は中級店と呼ばれています。
また70000円以上の店もありこうした店は超高級店と呼ばれています。
一方、関西ではもう少し安くなり45000円以上を高級店と呼んでいるようです。
地方によって値段が変わりますので、どこまでが中級店で、どこからが高級店かは微妙なところです。
高級店というと若くてスタイルが良く、きれいな女性がサービスしてくれるというイメージがありますが、一概にはそうとも言えないようです。
確かに若くてきれいな女性を雇っている店もありますが、熟練したサービスを求めて高級ソープにやって来るお客さんもたくさんいますので、30歳を超えているソープ嬢も意外とたくさんいます。
店によって女性のタイプが異なりますので、遊ぶ時には事前に店に問い合わせるなどした方がよさそうです。

日本の風俗はいろんなジャンルがあり、お客さんの興味に従って、選ぶことができます。
外国の風俗と比べても、日本の風俗は本当にスゴイと感じます。
そんな風俗業界の中で風俗の王様と言われるのがソープランドです。
何でそう呼ばれるかと言うと、本番までOKで、しかもサービスが凄いからです。
その分、他の風俗と比べても料金は高めに設定されています。
そんなソープランドの中でも店によって料金には大きな開きがあり、店の格には違いがあります。
とにかく値段の安い大衆店と呼ばれているソープだと総額でも3万を超えることはありません。
地域によっても違いますが、大体2万円そこそこの料金でプレイをすることができます。
それに対して、高級店と呼ばれる店になると、料金は総額6万円以上します。
つまり、大衆店の倍以上の料金となるのです。
では、どこが違うのかと言うと、先ず女の子の質が全然違います。

S級美女

高級ソープに行けば、S級美女が揃っていると思って間違いありません。
普段は話も出来ないようなルックスの美女とHができるわけですから、それぐらいの料金を払う価値はあると言えるでしょう。
また高級ソープで働いているソープ嬢はルックスだけではなく、接客も抜群です。
天国に行った気分で帰れると言いますが、これは誇張ではありません。
性的なサービスも至れり尽くせりで、こんな美女がそこまでやってくれるのと感動する覚えることもあります。
ただ6万円以上となると、普通のサラリーマンにはかなりの出費です。
でも、それだけの価値はあると言えるでしょう。