pic3

ソープランドは、日本で風俗というとまず最初に連想される業種の風俗です。
現存している性風俗では一番古い歴史があり、若干のマイナーチェンジがあるとはいえ江戸時代やそれ以前からの流れを汲むものですから、その知名度というのも日本一と言えるでしょう。

そんなソープランドですが、日本全国に展開している上、各地にソープ街というソープランドの密集地帯があります。
土地によって規模は違いますし、相場というのも違いますからひとえにどこの地方でも同程度の価格で同程度のサービスをというわけではありません。
例えば、日本一のソープ街と言えば吉原ですが、ここでは価格で1万円台のお店から10万円近いお店まで、またその間の価格帯全ての店が揃っていて、予算に応じて好きなお店で遊ぶことが出来ます。
最高級のお店であればまさに王様気分を味わえるお店となっていて、他のお店とは大きく違います。
こういった都市部ではなく北海道や九州、沖縄といった所では、10万円近いお店というのは存在せず、高くても5万円程度です。
しかし、そのサービスといえば、吉原の10万円のお店に負けず劣らずのサービスを受けることが出来ます。
これが、ソープにおける地域格差というものです。

ソープランドは地域によって、その質や値段が大きく変わります。
札幌や沖縄、九州といった土地では、東京では高級店と言われる6万円以上のようなサービスが、3万円4万円で受けることが可能なのです。
つまり、利用する客側からすれば、東京のソープへ行くよりも地方の風俗へ行く方が良いということになります。
しかし、東京と地方ではそもそものソープランドの数が違うため、競争が起こりづらいというデメリットがあるため、店によってサービスに差が出てしまうことも少なくありません。
また、働く女性についても同様で、容姿が良い女性が少ないということもありますので、好みの女性を見つけるのには多少難儀するかもしれません。

これらをデメリットと捉えるかどうかというのは人によりますが、もし普段東京の格安ソープへ行っているという人であっても、地方に足を伸ばした際にはほんの少し奮発してみると、いつもとは全く違う丁寧なサービスを受けることも夢ではないでしょう。
また、そういった地方のお店であっても風俗情報サイトなどと提携していることが多いので、当然割り引きチケットなども利用することが出来ます。
そういった物を上手に利用することが出来れば、普段の金額で1ランクも2ランクも上のサービスを楽しめることでしょう。

日本最初のソープランド(トルコ風呂)は、1951(昭和26)年4月にできた「東京温泉」だと言われています。
(※「ソ―プランド」という名称は、1984(昭和59)年12月にできたもので、それ以前は「トルコ風呂」の名で親しまれていました)

【 「トルコ風呂」の伝来 】
ソープランドの元になった「トルコ風呂」は、“上海にある、女性がマッサージをしてくれる蒸風呂”として、昭和の初め頃から知られていました。
「トルコ風呂」という名前の由来は、
1.中東地方で古くから親しまれている「ハマム」という公衆浴場では、蒸風呂の中で垢すりのサービスが行われていたこと
2.昭和の初め、日本でよく知られている中東の大国は「トルコ」であったこと
という説が有力です。

【 日本最初のトルコ風呂(ソープランド) 】
日本最古の「トルコ風呂」は、1951(昭和26)年4月1日に東京の東銀座に開店した「東京温泉」だと言われています。
「東京温泉」の経営者は、かつて射撃の日本代表にもなった許斐氏利で、海外のスチーム・サウナに感銘を受けて「トルコ風呂」を始めたそうです。
「東京温泉」は、許斐氏利が感動した「サウナ」をメインにした営業方針で、女性スタッフによるマッサージはあくまでも「普通のサービス」でした。
現在のソープランドでは、「マッサージを含む性的なサービス」をメインに営業をしています。しかし「東京温泉」では、こうした性的サービスはご法度とされていました。

turkey

【 「おスペ」の流行とトルコ風呂の発展 】
昭和30年頃になると、性的なサービスを売りにするトルコ風呂が増えました。
中でも、男性客の性器を手でマッサージする「スペシャルサービス(略しておスペ)」は大人気で、「ミス・トルコ」と呼ばれる女性スタッフの知名度も上がりました。
また、1958(昭和33)年に施行された売春防止法により、赤線区域(売春が黙認された特殊飲食店街)が廃止され、赤線で働いていた女性たちがトルコ風呂へと流れて行きました。
こうして、トルコ風呂業界はますます活気づきました。
現在でも大きなソープ街が旧赤線区域に多いのは、このためです。

【 「トルコ風呂」から「ソープランド」へ 】
トルコ風呂の流行は、新聞や週刊誌などで、世の中に広く知られるようになりました。
しかし、日本に住むトルコ国民にとっては、性風俗店に母国の名前が使われることに抵抗や反発がありました。
元々、「トルコ風呂」という名称は、トルコの国とは全く関係がありません。
1984(昭和59)年には、トルコ人留学生が当時の厚生省に「トルコ風呂」の改称を求める訴えを出しました。
この問題を受け、「東京都特殊浴場協会」は新しい名称を公募し、同年の12月に「トルコ風呂」は「ソープランド」へと改名しました。