Q&A

日本最初のソープランド(トルコ風呂)は、1951(昭和26)年4月にできた「東京温泉」だと言われています。
(※「ソ―プランド」という名称は、1984(昭和59)年12月にできたもので、それ以前は「トルコ風呂」の名で親しまれていました)

【 「トルコ風呂」の伝来 】
ソープランドの元になった「トルコ風呂」は、“上海にある、女性がマッサージをしてくれる蒸風呂”として、昭和の初め頃から知られていました。
「トルコ風呂」という名前の由来は、
1.中東地方で古くから親しまれている「ハマム」という公衆浴場では、蒸風呂の中で垢すりのサービスが行われていたこと
2.昭和の初め、日本でよく知られている中東の大国は「トルコ」であったこと
という説が有力です。

【 日本最初のトルコ風呂(ソープランド) 】
日本最古の「トルコ風呂」は、1951(昭和26)年4月1日に東京の東銀座に開店した「東京温泉」だと言われています。
「東京温泉」の経営者は、かつて射撃の日本代表にもなった許斐氏利で、海外のスチーム・サウナに感銘を受けて「トルコ風呂」を始めたそうです。
「東京温泉」は、許斐氏利が感動した「サウナ」をメインにした営業方針で、女性スタッフによるマッサージはあくまでも「普通のサービス」でした。
現在のソープランドでは、「マッサージを含む性的なサービス」をメインに営業をしています。しかし「東京温泉」では、こうした性的サービスはご法度とされていました。

turkey

【 「おスペ」の流行とトルコ風呂の発展 】
昭和30年頃になると、性的なサービスを売りにするトルコ風呂が増えました。
中でも、男性客の性器を手でマッサージする「スペシャルサービス(略しておスペ)」は大人気で、「ミス・トルコ」と呼ばれる女性スタッフの知名度も上がりました。
また、1958(昭和33)年に施行された売春防止法により、赤線区域(売春が黙認された特殊飲食店街)が廃止され、赤線で働いていた女性たちがトルコ風呂へと流れて行きました。
こうして、トルコ風呂業界はますます活気づきました。
現在でも大きなソープ街が旧赤線区域に多いのは、このためです。

【 「トルコ風呂」から「ソープランド」へ 】
トルコ風呂の流行は、新聞や週刊誌などで、世の中に広く知られるようになりました。
しかし、日本に住むトルコ国民にとっては、性風俗店に母国の名前が使われることに抵抗や反発がありました。
元々、「トルコ風呂」という名称は、トルコの国とは全く関係がありません。
1984(昭和59)年には、トルコ人留学生が当時の厚生省に「トルコ風呂」の改称を求める訴えを出しました。
この問題を受け、「東京都特殊浴場協会」は新しい名称を公募し、同年の12月に「トルコ風呂」は「ソープランド」へと改名しました。

独特の隠語が使われる風俗業界ですが、歴史の古いソープランドでは特に業界用語が多くて、HPや口コミサイトで情報を得る際にも意味の分かりにくい省略語もたくさん使われています。
代表的なもの、覚えておいた方がよいものを一部紹介します。

【指名】
指名には以前一度来店して気に入ったコンパニオンを指名する「本氏名」と店に行って写真(パネル)を観覧して指名する「写真指名」「パネル指名」があります。
最近では店のHPを見て予約する「ネット指名」「WEB指名」があります。
これに対してお店に任せてコンパニオンをつけてもらうことを「フリー」と言いますが、写真観覧が無料のところなどは写真を観て指名しても「フリー」という人もいます。

【地雷】
接客が悪かったり、タイプ違い、ルックスに問題がある、コンパニオンのことを指します。

【ダブル・トリプル】
システムの設定時間、90分120分などを2本分、3本分の時間で入店することです。
料金ももちろん2倍、3倍となります。

【2輪車】
コンパニオン2人を選んで3Pプレイをすることです。
システムにこれをやる店とやらない店、コンパニオンによってもできる者とできない者がいます。
料金は通常2倍くらいになります。
2輪と表記する人もいます。

【NS】
ノースキン(ゴム無し)の意味です。

【S着】
スキン(コンドーム)使用のことです。

【生F】
ゴムを着けずにフェラチオをすることです。
NFとも言います。
これに対してゴムの上からすることを『ゴムF』といいます。

【泡踊り】
マットプレイの一種で、コンパニオンがローションをつけてバストや局部を客に密着させてマッサージ(洗浄)することです。
元々はローションでは無く石鹸の泡を使ったことからこの呼び名がつきました。

【潜望鏡】
客とコンパニオンが向い合って混浴し、股を開いて水面から局部を出した客をフェラチオをするプレイです。
(潜水艦に見立てて名付けられた)

【壺洗い】
客の指や局部をコンパニオンの膣に入れて洗うこと。

【たわし洗い】
コンパニオンの陰毛をたわしに例え、局部で客の体(太ももなど)を洗うことです。

【即即】
個室に入室して、体を洗浄する前に即フェラチオ、即ベッドプレイをすることです。

【スケベ椅子】
凹型の椅子で、客が座り、したの空洞になったところからコンパニオンが手を入れて客の局部を洗います。

【くぐり椅子】
座る部分が開口された高い椅子で、客が座り、コンパニオンが仰向けになり下から局部にサービスできる椅子です。
この他にも立体的な複雑な形状で分娩台のような形をしたピンクチェア、ゴールドチェアなどを置いてある店もあります。

【口開け】
その日、初めての客が店を訪れたことを言います。
(接客業用語)

【姫予約】
姫に頼んで店に予約を入れてもらうことです。
優先的に予約が入れられます。

【お茶ひき】
コンパニオンに客が一人もつかない状態のことです。
関西圏では「ボウズ」とも言います。

【部屋もち】
指名が多く、売上のいいコンパニオンに店が専用の部屋を割り当てることです。
コンパニオンの趣味で部屋が装飾されています。

【新人割引】
まだソープランド嬢としてのテクニックは未熟なコンパニオンを割引価格でつけて貰えるシステムです。
プロっぽいのが嫌いな客は割り引きに関係なく好む人もいます。

【早朝・日の出割引】
日の出時刻や早朝時間帯の大幅割引してくれるシステムです。
大阪のピンサロ「リッチドール」が初めて行い、現在では風俗店全般が取り入れる割り引きサービスシステムです。

【送迎】
ソープ店が最寄り駅までの往復を自動車で送り迎えするサービスです。

【客引き】
最近は少なくなりましたが、店の近辺でソープ目当ての客を勧誘することです。
これに対して「立ち番」という店頭に立ち、客にシステムを説明するだけの人もいますが、別物です。

【メルマガ】
ソープ用語ではありませんが、店のホームページから登録できる、店の最新情報がメールで送られてくるサービスです。
キャンペーンや期間限定割り引き、新人情報、メルマガ限定割り引きなどがあり便利です。
家族に携帯、スマホを観られる可能性がある人は注意が必要です。