ソープランド解説

ソープランドでの遊びの精度を高め、より大きな満足を得るためには、気に入った子を本指名し「お気に入り」にすることが必須かもしれません。
ただし、せっかく本指名をして予約を入れたのに「前回よりも興奮しなかった・・・」という失敗例も少なくないのです。
これは、初回でソープ嬢の本質を見極められなかったことが原因です。
今回は、長く指名し続けても飽きのこないような、本物のテクニックを持ったソープ嬢の見極め方を解説いたします。

●初回の興奮に惑わされてはいけない
男性が女性とセックスをするとき、最も興奮するのは「初回のセックス」だそうです。
初めてセックス相手は新鮮ですし、フィジカル的な快感以外にも、征服欲や自己顕示欲・達成感など精神的な満足も同時に得られるからなのです。

これはソープランドにおいてもある程度共通することです。
初回の写真指名やフリーでついたソープ嬢に対しては、緊張もしますが興奮度も高くなります。
しかし、その”興奮度”をそのソープ嬢のレベルだと勘違いしてはいけません。

冷静に相手のテクニックを見極めるためには、初回の興奮に惑わされてはいけないのです。

●フェラの上手い子はすべてが上手い?
ソープランドの基本サービスの一つ「フェラチオ」は、女性が男性にする”完全奉仕型”のプレイです。

男性の性欲の中には「女性器を見たい・触れたい・舐めてみたい」というものが強くありますが、女性の場合はそれほど強い欲求はありません。
なので、フェラを嫌う子が多いのも事実です。

そのフェラが上手いということは、男性に対して尽くす気持ちが強くあり、それはあらゆるプレイに対して研究熱心であることの証明になるのです。
残念ながらソープ嬢の中にも意識が低く、男性を喜ばすことに喜びを感じない子もたくさんいます。

フェラが上手く献身的ならば、仮に外見がイマイチであっても次回から本指名をする価値は十分にあるといえるでしょう。

●キスの多い子は情熱的?
ソープランドのサービスで「キス」に関してはソープ嬢の任意になるそうです。
なので、プレイ中に頻繁に向こうからキスをしてくる子は、性に貪欲で情熱的な可能性があります。

どれだけプレイが上手くても、気乗りしないサービスならばこちらにもそれが伝わり良い気分を味わうことはできません。
男がセックスで喜ぶ要素には「どれだけ女性を喜ばせるか」という部分が大きいので、セックスに対して情熱的な子は満足度も高くなるのです。

キスが多い子は感度も高いという人もいます。
何度通っても感じてくれる子ならば、本指名したことを後悔しなくてすむはずです。

●派手なプレイに惑わされるな!
ソープ嬢は、なんとかして本指名をと獲得してたくさん稼ぐために努力をします。
その中には、非常に派手でトリッキーな技を身に着けている子も少なくありません。

一時期流行ったバキュームフェラや、弓なりになって感じる騎乗位、超高速グラインドなど”見た目のすごい技”はたくさん存在します。
しかし、派手なプレイは最初は目を惹かれてもすぐに飽きてしまいます。

セックスの深い快感は、見た目の派手さではなく相手の性感帯に対する洞察力の高さと、繊細な力加減が大切なのです。

●おわりに
ソープランドには数え切れないほどのソープ嬢が働いていますが、本当に満足できる女性と出会える可能性はそれほど多くありません。
心の底から満足できるお気に入り嬢を見つけるためには、こちらの判断力も大切なのです。

pic3

ソープランドは、日本で風俗というとまず最初に連想される業種の風俗です。
現存している性風俗では一番古い歴史があり、若干のマイナーチェンジがあるとはいえ江戸時代やそれ以前からの流れを汲むものですから、その知名度というのも日本一と言えるでしょう。

そんなソープランドですが、日本全国に展開している上、各地にソープ街というソープランドの密集地帯があります。
土地によって規模は違いますし、相場というのも違いますからひとえにどこの地方でも同程度の価格で同程度のサービスをというわけではありません。
例えば、日本一のソープ街と言えば吉原ですが、ここでは価格で1万円台のお店から10万円近いお店まで、またその間の価格帯全ての店が揃っていて、予算に応じて好きなお店で遊ぶことが出来ます。
最高級のお店であればまさに王様気分を味わえるお店となっていて、他のお店とは大きく違います。
こういった都市部ではなく北海道や九州、沖縄といった所では、10万円近いお店というのは存在せず、高くても5万円程度です。
しかし、そのサービスといえば、吉原の10万円のお店に負けず劣らずのサービスを受けることが出来ます。
これが、ソープにおける地域格差というものです。

ソープランドは地域によって、その質や値段が大きく変わります。
札幌や沖縄、九州といった土地では、東京では高級店と言われる6万円以上のようなサービスが、3万円4万円で受けることが可能なのです。
つまり、利用する客側からすれば、東京のソープへ行くよりも地方の風俗へ行く方が良いということになります。
しかし、東京と地方ではそもそものソープランドの数が違うため、競争が起こりづらいというデメリットがあるため、店によってサービスに差が出てしまうことも少なくありません。
また、働く女性についても同様で、容姿が良い女性が少ないということもありますので、好みの女性を見つけるのには多少難儀するかもしれません。

これらをデメリットと捉えるかどうかというのは人によりますが、もし普段東京の格安ソープへ行っているという人であっても、地方に足を伸ばした際にはほんの少し奮発してみると、いつもとは全く違う丁寧なサービスを受けることも夢ではないでしょう。
また、そういった地方のお店であっても風俗情報サイトなどと提携していることが多いので、当然割り引きチケットなども利用することが出来ます。
そういった物を上手に利用することが出来れば、普段の金額で1ランクも2ランクも上のサービスを楽しめることでしょう。