Archives

All posts by admin

日本最初のソープランド(トルコ風呂)は、1951(昭和26)年4月にできた「東京温泉」だと言われています。
(※「ソ―プランド」という名称は、1984(昭和59)年12月にできたもので、それ以前は「トルコ風呂」の名で親しまれていました)

【 「トルコ風呂」の伝来 】
ソープランドの元になった「トルコ風呂」は、“上海にある、女性がマッサージをしてくれる蒸風呂”として、昭和の初め頃から知られていました。
「トルコ風呂」という名前の由来は、
1.中東地方で古くから親しまれている「ハマム」という公衆浴場では、蒸風呂の中で垢すりのサービスが行われていたこと
2.昭和の初め、日本でよく知られている中東の大国は「トルコ」であったこと
という説が有力です。

【 日本最初のトルコ風呂(ソープランド) 】
日本最古の「トルコ風呂」は、1951(昭和26)年4月1日に東京の東銀座に開店した「東京温泉」だと言われています。
「東京温泉」の経営者は、かつて射撃の日本代表にもなった許斐氏利で、海外のスチーム・サウナに感銘を受けて「トルコ風呂」を始めたそうです。
「東京温泉」は、許斐氏利が感動した「サウナ」をメインにした営業方針で、女性スタッフによるマッサージはあくまでも「普通のサービス」でした。
現在のソープランドでは、「マッサージを含む性的なサービス」をメインに営業をしています。しかし「東京温泉」では、こうした性的サービスはご法度とされていました。

turkey

【 「おスペ」の流行とトルコ風呂の発展 】
昭和30年頃になると、性的なサービスを売りにするトルコ風呂が増えました。
中でも、男性客の性器を手でマッサージする「スペシャルサービス(略しておスペ)」は大人気で、「ミス・トルコ」と呼ばれる女性スタッフの知名度も上がりました。
また、1958(昭和33)年に施行された売春防止法により、赤線区域(売春が黙認された特殊飲食店街)が廃止され、赤線で働いていた女性たちがトルコ風呂へと流れて行きました。
こうして、トルコ風呂業界はますます活気づきました。
現在でも大きなソープ街が旧赤線区域に多いのは、このためです。

【 「トルコ風呂」から「ソープランド」へ 】
トルコ風呂の流行は、新聞や週刊誌などで、世の中に広く知られるようになりました。
しかし、日本に住むトルコ国民にとっては、性風俗店に母国の名前が使われることに抵抗や反発がありました。
元々、「トルコ風呂」という名称は、トルコの国とは全く関係がありません。
1984(昭和59)年には、トルコ人留学生が当時の厚生省に「トルコ風呂」の改称を求める訴えを出しました。
この問題を受け、「東京都特殊浴場協会」は新しい名称を公募し、同年の12月に「トルコ風呂」は「ソープランド」へと改名しました。

ソープランドは全国各地にありますが、もっとも有名なのは東京の吉原です。
江戸時代の吉原遊郭を源流としています。
そのほかに有名なのは川崎の堀之内や、岐阜県の金津園、滋賀県の雄琴、神戸の福原などが有名です。
そのほかに全国各地の温泉街にもソープランドがありますが、数店舗であまり繁盛しているとは言えません。
またソープランドの料金は入浴料とサービス料に分かれています。
これは日本では管理売春が禁止されているからですが、総額表示している地域もたくさんあります。
そんなソープランドですが、ランクとしては高級店、中級店、大衆店に分けられます。
吉原などの関東の高級店は一般的に、時間は120分からで料金は5~60000円です。
これ以下は中級店と呼ばれています。
また70000円以上の店もありこうした店は超高級店と呼ばれています。
一方、関西ではもう少し安くなり45000円以上を高級店と呼んでいるようです。
地方によって値段が変わりますので、どこまでが中級店で、どこからが高級店かは微妙なところです。
高級店というと若くてスタイルが良く、きれいな女性がサービスしてくれるというイメージがありますが、一概にはそうとも言えないようです。
確かに若くてきれいな女性を雇っている店もありますが、熟練したサービスを求めて高級ソープにやって来るお客さんもたくさんいますので、30歳を超えているソープ嬢も意外とたくさんいます。
店によって女性のタイプが異なりますので、遊ぶ時には事前に店に問い合わせるなどした方がよさそうです。